なにかとお手軽に使うことができるカードローン、うっかりしてはならないのはローン会社は売上を上げるために利息を設計していることです。

相手は会社ですから当然ですがキャッシングの金利はものすごく高いです。

グレーゾーンに位置する金利が適用されていた時代には29.20%などという非常識な金利で契約させられていたのです。

おまけにその当時は総量規制のようなものがなかったですから、ガンガン貸し付けていたというわけです。

当然ながら不良債務者を作り出しバンザイする方が増えてしまいました。

そうした結果総量規制のおかげで自分の首を絞めるようになってしまいました。

さて昨今では利子はけっこう低い数値になったのですが、でもまだ住宅ローン等と比べてみると高い位置にあることには変わりがないと言えます。

借りてくる元本が少しだけならそれほどは負担にはならないのかもしれませんが巨額の借金をしてしまった場合それに比例して引き落しの月数も長くなり金利として払う総額も相当のものになってしまいます。

実際にシミュレーションで勘定してみたら最終的にとんでもない金額を返していることがわかると思われます。

このようなことを当たり前のように受け止めるか無駄であると思うかはその人次第ですけれども、私でしたらこれくらいの現金があるのだったらいろいろなものを買えるのになあと思ってしまうのです。

こんなに多額の利子を払いたくないという場合はできるだけ支払期間を少なくするように気を配ってください。

若干でも繰り上げ支払をしておくようにすると支払期間を少なくすることが可能です。

何かしらの必然性もなくキャッシングする方はいないと思います。

どうしても理由があってカードローンすることになるのでその後は引き落しを若干でも縮めるという努力が必要なのです。

またより支払に余剰があるような場合にはいっぱい支払ってすばやい返済をするようにしましょう。